英語が苦手なのは必要性が無いから


英語が苦手科目という人は少なくないと思います。それは英語を勉強する理由が道を聞かれそうになった時に使えるからだからとかカッコイイから、そして試験でいい結果を出したいからという理由だからです。要するに語学なのに勉強しようと思うからです。

語学は生きていく上で自然に覚えるものなのですから勉強として捉えると失敗することが多いのです。もっと切実な動機を持って覚えれば自然に習得できるのです。勉強として覚えようとするから遠回りの勉強法を選択してしまうのです。そもそも日本語で英語を覚えようとすること自体が自然ではないのです。

りんご(日本語)がアップルではないのです。実物のりんごを目の前にして、それがAppleなのです。英語を覚えるために日本語が必要なら英語圏の人は日本語を先に覚える必要があります。

日本語を使用しないのが英語の本来の勉強法

なのです。明らかに勉強として捉えてしまうから日本語を使ってしまうのです。

英語が使えなければ生きていけない環境なら驚く程早く語学を覚えることができます。実際に英語しか使えない場所に留学すればベストですがそれができない人はよりそれに近い状況を設定して覚えていくべきです。

単語で覚えてたらキリがない

単語や文法で英語を覚えている人がほとんどですが、よく考えたら日本語で文法を学んだ記憶はほとんどないのではないでしょうか?僕や私を主語だと知ったのは僕や私をすでに使ってからではないですか?

英語を細かく最初から理解する必要はないのです。とにかく一通り読んでみてなんとなく理解できれば良いのです。その上で絶対知らなければ話の内容がわからないものから辞書で調べていけば自然な勉強ができます。

英文を読んで途中知らない単語が出てきても

スルーしておくのも重要

なのです。全体の部分を読んでもなんとなくでも理解できない場合に初めて辞書を開けば良いのです。毎回毎回辞書を片手に知らない単語事に調べていては

一向に進みません

辞書を開けば覚える頭脳を持っているなら別ですがすぐに忘れてしまう単語を調べても無駄なのです。文章として単語を覚えることで文法も自然に覚えれるようになります

辞書の使い方


調べた辞書をあなただけの使える辞書にするにはカラーペンなどでラインを引くことですが、それは調べた回数をカウントしていると便利です。一度辞書を引いたら忘れない頭脳は通常持っていないので同じ単語を何度も調べてしまうことも多々あると思います。その回数を知ることですぐに忘れてしまう重要な単語がわかるようになります。辞書を引いた時点で

その単語は弱点

なのですからその弱点を理解するためにも記録しておくべきです。

さらに言えば何度も引く必要があるということは重要な単語のはずです。忘れてはいけない率が高いのですからそれが明確に分かるようにしておくべきなのです。最初は黒文字で下ライン、二回目に調べた場合には四角く囲う、三回目はカラーペンで、4回目は色を変えてと何回調べたかをわかりやすくすることで単なる英語辞書ではなく、あなたの弱点単語帳に変わるのです。

辞書を単なる調べる道具にするのではなく活用的なノート替わりに変えることでより便利な辞書に出来上がります。なんども調べていくうちに覚えていくでしょうし、チェックした単語は目に入りやすいのでなんども視界に入ってくるはずです。効果的な辞書の使い方をすれば英単語を少しづつ身に付けることができます。


資格試験を効率よく最短で合格できる勉強法