休日の使い方


休日の使い方が受験生や資格取得のために勉強している人は重要になってきます。普段できない事が出来るのが休日です。しかし、

過度に休日に期待してもいけません

集中力の事を考えれば勉強できる量も限界があります。

集中力は24時間ある訳ではありません。日曜日にまとめて覚えるという事など出来ないのです。睡眠と一緒で勉強は寝貯めは出来ないのです。時間が取れるだけにどうしても休日の予定はハードワークな計画を立てがちですが効果のない時に勉強しても不効率です。

休日に頼った計画を立てても効率が悪いだけなので、やはり毎日の積み重ねが重要になってきます。あなたの勉強スケジュールは

休日に詰め込みすぎていないですか?

学校と同じ時間は無理!


毎日8時間、9時間勉強している、仕事している学校や会社が休みなのですからその分、勉強に回せると思われがちですが、無理な話です。それに合わせて勉強スケジュールを組み休日を充実した一日にしようと意気込んでいる人もいるかも知れませんが結果的には上手くいきません

理由は何度も言うように集中力の問題です。学校で毎日8時間、10時間勉強しているつもりでも、実際にはよそ事を考えたり、ただ書き写しているだけだったりと本当の意味での勉強していない時間は相当なものです。それは仕事にも言えることです。

日ごろの授業も話半分で聞いていると思って差し支えは無いのです。それを休日にやってしまおうと言う方が

無理な話

なのです。勉強は集中できる時にやらなくては効率は上がりません。実にならないのならやらないほうが良いのです。集中力を考慮して休日のスケジュールを効果的に立てましょう!

時間はある


ただ、自由に使える時間は休日にはたっぷりあります。集中力がきれている時は集中力を必要としない作業時間に当てることなら可能です。覚える、調べるなどは効率が悪くても、

集中力が高い時にやるべきことを整理

しておくと良いのです。

集中力が高い時に勉強になっていない単なる作業をしていては勿体ないです。たっぷり時間がとれる休日こそ、惰性でも可能な役立つことに時間を有効活用できます。日曜日に1週間の予定を立てるのもありでしょう。

もちろん、休日も集中できる時間は目一杯勉強しなければいけませんが、それ以外の時間の使い方も工夫次第で休日以外の勉強の役に立ち効率よく勉強できるようになります。

生活スタイルはそのままに


日々の勉強で疲れており、休日くらいは目覚ましも掛けずゆっくり休養を取ると考える人もいますが、これは相当な不利益をこうむります。そのような1日を送ると

一日頭が冴えなくなります

過去に寝過ぎでボーっとした日を思い出してください。当然、せっかくの休日勉強の効率は落ちます

不利益はそれだけに留まりません。寝過ぎたせいでその日の夜の眠りは浅くなります。しかし、翌日は休日ではありません。決められて時間に起きなければならないのです。そうなれば

翌日にまで影響してくるのです

せっかく休みの日に休養したつもりでも、結果的に過酷を強いる事になりかねないのです。

これを繰り返していると永遠と勉強効率の悪い生活を送ることになるのです。休日だからと言ってたっぷりと寝過ぎるのは避けたほうが良いのです。いつもどおりの生活をすることが結果的には疲れない方法だったりします。


資格試験を効率よく最短で合格できる勉強法