意味がない勉強はしない


努力は必ず報われる」というのは真っ赤なウソです。賢い努力は必ず報われますが、無駄な努力は無駄のままなのです。ただ、あえて言うならば努力したという根性はこの先、どこかで役に立つかもしれません。しかし、目標を持って努力したはずなのですがその目標を達成するという意味では報われない事も多いのです。

資格試験や入試試験も同じで努力すれば受かるというものではありません。努力した順で合格になる訳では当然ありませんので

無駄な努力は避けることをしなければなりません

努力と言う言葉は嫌いではありませんがその努力は闇雲に努力するのではなく意味のある方法で行わなければならないのです

努力したのか努力を怠ったのかを判断する材料は合否判決です。合格すれば努力したとなり、不合格ならばどれだけ努力をしたとしても努力不足という事になるのです。結果がすべてなのです。

結果の伴わない努力をしない為には

効率を求める必要があります

その効率は努力では探せません。単純にそのやり方を知っているか知らないかの違いなのです。目先の問題である覚えることに一生懸命になり効率の良い勉強法を知るという真っ先にやらなければならない事を抜かしてしまっている人は少なくないのです。

時間を大切にする


無駄な作業で時間を費やしても仕方ありません。入試にしても資格試験にしても

期限が決められています

それまでに必要な知識を得なければならないのですから時間を大事にしなければなりません。勉強した気になって時間を無駄にしてはいけないのです。

勉強が出来る人は時間を有効に使う事が出来る人なのです。計画を立ててその通りに出来る人が時間を有効に使っている人ではありません。その計画に含まれた勉強法が効率的かどうかなのです。頭に入らない勉強はするだけムダなのです。本当に時間を有効に使うというのは効率の良い勉強をどれだけできるかなのです。

賢く勉強しよう


我武者羅に勉強をしていても、結果がついてこないのは当たり前です。そこには計り知れないムダが隠されているからです。せっかくの頑張りも的外れなら結果には現れません。自分は寝る時間も削って毎日12時間勉強しててもなかなか合格できないのに彼は毎日3時間程度の勉強で難関大学、難関資格をクリアした。なんてことは勉強では普通にある事なのです。

毎日12時間も勉強したつもりでいるのなら周りからは勤勉で真面目というイメージは付きますが、それは合格、不合格には反映されません。重要なのは勉強をしている時間をどのように使ったか?なのです。

時間の長さは物差しではないのです

時間の使い方が上手いから大した努力もしていないのに勉強が出来ると他人から見られる人もいるのです。

賢い勉強法を知れば何も考えずに12時間勉強するよりも3時間でそれ以上に役立つ時間にする事が可能なのです。勉強を始める前に、勉強の仕方を学ぶことがいかに重要かが分かります。難関大学、難関資格を合格した人の勉強法からその効率的な勉強の仕方を学び、少しでも無駄の無い学習ができるように準備するべきなのです。


資格試験を効率よく最短で合格できる勉強法