眠い時は寝る!


勉強中に睡魔が襲ってきた場合、どうすれば睡魔に打ち勝つことが出来るのか?栄養ドリンクやカフェイン、コーヒーなど様々な眠気防止サポートを活用して勉強している人も少なくないと思います。しかし、本当に効率を求めた勉強を目指すなら打ち勝つ必要など無いのです。睡魔が襲ってきたのなら

寝てしまうという選択が正しい

のです。

睡眠は勉強を邪魔する存在ではありません。勉強を効率よく進めていくためにも睡眠は十分に確保しておかなければなりません。睡眠自体、覚えた事を整理し定着させる時間とも言われており決して勉強と無関係ではないのです。

そもそも眠たい目を擦りながら勉強を進めても頭には入ってこず、無駄な時間になる可能性の方が高いです。無駄に起きているくらいならしっかり寝て、起きてから集中して勉強したほうが効率的なのです。また、30分程度の昼寝も効果的と言われています。午後の授業を効率よく頭に叩き込む為にも途中で昼寝を選択するのも悪くありません。

とにかく勉強は時間ではありません。効率の悪い状態で勉強するくらいなら寝るという選択を取ることが大事です。本当に時間が勿体ないのは寝る時間では無く、頭に入ってこない状態で

非効率な勉強をしている時間

という事を理解しておくべきです。

睡眠は勉強する為の準備


脳をフル回転させるためには十分な睡眠をとって頭をスッキリさせておく必要があります。睡魔を我慢する理由は有りません。起きている時で頭に入る時間に、どれだけ勉強する事ができるかが重要で勉強した時間がそのまま結果につながる訳では無いのです。

また、体調管理は受験生はもちろんこれから試験を受ける人達にとっては重要な項目です。体調を壊せば集中できる時間がそれだけ減ってしまうのですから体調管理はしっかりと気を付けなくてはなりません。一度崩せば、それだけ勉強できる時間は減ると考えるべきです。十分な睡眠が体調管理を整えるという事にも繋がりますので

睡眠は疎かにしてはならないのです

効率的な勉強をするためには睡眠時間を削った無理な計画は立てるべきではありません。実際に現役東大生に聞いた受験生時代に睡眠を十分とっていたかという質問を投げかけると睡眠時間の重要性を認識しているせいか、ほとんどの人は睡眠時間を十分にとっていたことが分かっています。本当に勉強できる人は勉強の量ではなく質という事をしっかりと理解していると思います。

眠気を覚ます方法を活用するデメリット


勉強中どうしても眠くなってしまう事もあると思います。そこで様々な眠気覚ましの方法があります。カフェインをとったり、水で顔を洗ったり、栄養ドリンクの類を飲んだりと実際に眠気をある程度抑える方法というものはいくつかあります。しかし、これらを活用したところで眠かったのが完全に眠くないという状態にまでなるでしょうか?脳をある程度覚醒させて多少眠気がなくなった所で、万全の状態で勉強できるとは思えません

そして、これらの方法を利用してしまうと本当の睡眠の質を落とすことにもなりかねません。そうなれば、翌日も同様に眠気がある状態となり悪循環になるのです。一時的に活用したつもりが

翌日まで影響を与えてしまう可能性もある

のです。常に眠気と闘いながらの勉強効率が良いはずがありません。

重要なのは質の高い睡眠をして、万全の状態で勉強する事なのです。そこで重要になるのは眠気を覚ます方法では無く、眠気を誘発させない事です。睡魔が襲いやすくなる条件はいくつかあります。それを気を付けるだけで勉強中に眠くなる事が少なくなるはずです。

まずは部屋の温度を少しだけ寒い状態にして勉強する事です。どうしても暖かいと睡魔が襲いやすくなります。また、同じ作業を淡々とこなしていくと眠気が襲いやすくなります。勉強する科目などを変えて定期的に気分転換をするという方法もあります。そして、

何より「しっかりと睡眠をとっておく」

という事です。睡眠不足にならないようにする事とともに、寝すぎも逆に眠気が襲いやすくなるので一般的にベストな睡眠時間である6〜7時間程度をきちんととる事を心がけることが大事です。

眠気をとる方法


受験勉強や資格取得の勉強時期で最も大事なことは、勉強する時間に睡魔が襲ってこないような生活をする事です。そして、

睡眠時間を削らなければならないような勉強計画をしない

という事です。しかし、どうしても睡魔が襲っている今、勉強しなければならない状況に陥ってしまった場合に今の眠気を軽減させる方法をご紹介します。ただし上記で挙げた大きなリスクを理解した上で決断してください。

15分から30分程度の仮眠をとる
眠くなったら素直に寝る。15分ほどの仮眠でもある程度、睡魔を軽減することが出来ます。また、15分程度なら夜の睡眠の妨げにもほとんどならないのでオススメです。ただし、これは深い眠りについてしまうリスクもあります。仮眠のつもりがついつい寝すぎてしまったという事になりかねません。。そうならない為にもしっかりと起きれる目覚ましを掛けなければなりません。

ストレッチをする
体を動かすことにより睡魔を軽減することが出来ます。座りっぱなしの勉強の合間にストレッチをすることで血流が良くなり眠気を抑える事が出来ます。また窓を開け換気をして深呼吸なども取り入れると脳に新鮮な酸素を送るで睡魔が軽減されます。

カフェインを摂取する
コーヒーなどのカフェインの入った飲み物を飲むと睡魔が軽減されます。カフェインには眠気を誘発するアデノシンをブロックする効果があるので眠気が軽減されるのです。ただし、不眠の原因カフェイン中毒というものもある為、大量の摂取は危険です。カフェインが入った飲み物として紅茶、抹茶、緑茶、コーラなどがあります。またコーヒー以上のカフェイン含有量があるのが玉露です。

冷水で洗顔をする眠いときに冷水で顔を洗う事で睡魔を軽減させることは可能です。それは冷やすことで潜水反射で脳や心臓に血液が巡り働きが活発になります。その結果、冴えてきて眠気が軽減されます。顔だけでなく、腕や首筋などを冷えたタオルで冷やしても同様の効果が期待できます。

眠気スッキリ菓子・ドリンクを利用する
各社から眠気を排除するという菓子や眠気をとるドリンクが販売されています。コンビニでも気軽に購入できます。これはカフェインが含まれている事も多く上記のカフェインを摂取すると同様の効果が期待できます。100円程度から購入できる気軽なものですが、カフェインに対する免疫もできるので良く利用する人には効き目は薄くなります

これらが睡魔を軽減させる方法です。ただし、どれも一時しのぎにしかなりません。完璧に睡魔から解放され勉強に集中できる環境になる訳でもありません。睡眠の重要性を理解し眠る事を疎かにしない事が勉強をする上で重要な項目であることを忘れてはいけません。


資格試験を効率よく最短で合格できる勉強法