ノートの賢い使い方


勉強するにあたってノートは重要な役割を果たします。そしてその効率的な使い方を知っている人と知らない人では大きな差が出ます。「ノートをとる」勉強するにあたってありとあらゆる場面で活躍するノートの賢い使い方は知っておいた方が良いです。

とにかく考え抜かれたノートは

最終的にあなたが一番便利な参考書

になるはずです。そのノートはありとあらゆる場面で大活躍するものになります。最終的にはそのようなノートに仕上げる為にノートは活用するべきです。

授業中のノートの取り方


あなたが今まで授業中に書き留めたノートは役に立っていますか?ほとんどの場合、役に立っていないのではないでしょうか?もちろんすべてのページ、書き留めたすべてのページが全く役に立たなかったという訳でもないと思いますが、そのノートを仕上げるためにかかった時間に対して役立った箇所というのは非常に少ないのではないでしょうか?

大抵の場合、教師が黒板で記載した内容をそのまま書き写しただけのノートというのが一般的です。もしかしてあなたもそうではないでしょうか?もしそのようなノートなら

黒板を写真で1枚撮っておけば同じことです

書くことによって覚えるという側面もありますが、それならば書き写したすべてを覚えているという条件付きです。大抵は覚えきれていないと思います。

授業中、もっとも重要な事はわからない部分を説明によって理解する事です。授業は分からない箇所を発見する場所でもなければ参考書を作成する時間ではありません。上記のようなノートを作っているのならば、そのノートを参考書のように仕上げることが目標になってしまいます。

そして分からない箇所を発見するのは予習が重要です。その予習で分からない部分を説明で理解すると勉強は捗ります。分かる部分が増えてその科目が楽しくなります。予習にはそれくらい絶大な効果があるのです。分かる部分をノートに書く必要などありません。分からない部分をまず説明をしっかり聞く、その後分かった事をノートに書き留めておく。授業中のノートのとりかたはその程度でも十分なのです。

残念ながら黒板丸写しの出来上がったノートを見直してみても、市販されている参考書には遠く及ばない参考書になってしまっている事でしょう。ノートは誰が見ても役立つものにする必要はないのです。あなただけが役立つものにすればそれで良いのです。

スペースを空けておく


ノートを細かく隅々までびっしり埋めて満足している人もいます。後から見直しても文字数もかなりあり勉強した気になっているのではないでしょうか?勉強で一番気をつけなければならないのは勉強した気になる事です。

そんなノートを見て勉強した気になってはいけません

ノートは贅沢に使うべきです。資源の無駄遣いと一見思われるくらいが丁度良いのです。為にならないノートを作るくらいならスペースをかなり空けた役立つノートにしたほうがよっぽど無駄がありません。そのスペースこそ勉強する余地が残されます。ノートの片ページは空白くらいスペースを取っておいても良いかもしれません。

スペースの分だけ復習の余地がある

と思うべきです。

復習した時に追加することも出来ますし、自分の弱点なども記載することが出来ます。最後に見直してみるとあなただけの一番便利な参考書になるはずです。分からない部分も即わかり、重要な事を後から付け足しているのですから何度も見る機会の多いノートになっているはずです。ノートを一度書いて見るだけの本にするのではなく、ノートをノートとして最後まで活躍させる為にも是非、参考にしてみてください。

不必要にノートは増やさない

ノート好きの人は何冊も書き上げて山のようにしているかもしれません。どれだけ時間がかかったかも想像するだけでも感服してしまいますがそれだけの勉強量に見合った成果はあるのか疑問です。そもそもそれだけ書いたものをすべて頭に入りきるのならノートなど必要ないかもしれません。

ノートは厳選して作るべきです。

出来るだけ少ない冊数に抑える

ほうが良いのがノートです。メモ書きは何冊もあっても問題ありませんが、何度も見直したいノートは書いてある場所を探すのが大変なほど作成しても活用しきれません。その為には書くほどでもない事、すでに完璧に理解していることなどは盛り込まない事も大事なのです。

メモ書きではなくノートなのですから作っている時よりも、その後に見直した時に重要になります。書いて満足するノートではいけないのです。見直して満足しなければなりません。あなたの分からない部分が分かる重要データが満載にしておくのがノートなのです。


資格試験を効率よく最短で合格できる勉強法