勉強する時間


東大など有名大学に入学した多くの方たちがどの時間に勉強しているか分かりますか?それは

起きてすぐ

です。徹夜を毎晩して勉強しているイメージがありますが実際は朝に行っている人が多いのです。

人間は朝が一番冴えている。早朝に勉強するのは理に適っているのです。朝はどんどん集中力が増していくのです。逆に深夜はどんどん集中力が無くなっていくのですがどちらの時間帯に勉強したほうが良いのかは一目瞭然です。

徹夜の勉強がいかに効率悪いかが分かります。徹夜することにより冴える朝を迎えることが出来なくなる。寝不足により翌日の思考も落ちる。これでは無駄な努力としか言いようがありません

朝食の前に勉強


起きて徐々に頭が冴えてくる朝ですが朝食を取る前に勉強するべきです。朝食をとることにより

副交感神経が働き集中力が鈍る

のです。満腹感で眠気も襲ってきます。朝、勉強した後に朝食をとるようにするのがベストです。

せっかく早く起きて朝食をすぐにとってしまったらせっかくの冴えている時間を半減させてしまいます。効率よく勉強するために早起きしたのに半減させては勿体ないです。

朝は最高の時間

なのですから最大限、有効活用するべきなのです。

朝起きて暖かいお茶やコーヒーを飲み、一番集中できる時間で勉強をする。その後に朝食をとる。このスケジュールで勉強すれば一番効率が良いのです。勉強した後に取る朝食が格別なものになるでしょう。

集中力には限界がある


何時間も勉強しても集中出来ている時間はごくわずかです。

集中力を切らさない時間はせいぜい20分

という人もいます。頑張っても1時間もすれば集中力はガクンと落ちているはずです。つまりぶっ続けで勉強しても効率悪いのです。

勉強は量でも時間でもなく質なのです。今日は5時間がんばったというのは自己満足でしかないのです。これを失礼な言い方すれば無駄な努力という事になります。しっかりと休憩をとり、

常に集中できる時間で勉強をすることが重要

です。

質の高い勉強をするためにはまとめて勉強するというのは避けるべきなのです。限られた時間で精いっぱい頑張る為にしてしまいがちですが、計画性をもって勉強しなければならない理由はここにもあります。

通勤電車は最高の勉強場所


集中力の高い時間帯である朝、出勤、通学を車や自転車と言う人は時間を無駄にしているかもしれません。運転に集中している時間を勉強に費やす事ができるのですから

電車通学、電車通勤は勉強と言う面では有利

です。

通勤時間帯は混雑していて、とてもじゃないけど勉強できないという人は通勤時間を早めれば良いのです。賢い人は早朝に起きて勉強しているのですから、通勤時間を早めることは難しくないはずです。空いている時間帯に確実に椅子に座って勉強すれば通勤時間も有効活用できるのです。

通勤、通学は毎日の事です。仮に30分かかるとしたら毎日30分をどう過ごすかが大きく変わってきます。朝の出勤、通学だけでも週5で一ヶ月も経てば10時間以上です。往復ならその倍ですが集中力の高い朝だけでもこれだけ時間を作る事が出来ます


資格試験を効率よく最短で合格できる勉強法